SBIG社製 STシリーズ対応 日本語制御ソフトウエア
<CCDOPS Ver5.47J Build11J
単品販売好評発売中!

当ソフトウエアのインストールにはインターネットの接続環境が必要となります!(ご確認下さい。)

※各モデルの新品製品に標準付属済み。 


2016年4月現在:最新版のVer5.54Jは以下の機種用にリリースが完了しました。

・ST-i(モノクロ/カラー)専用版:
ユーザー様への配布・製品への標準付属化 → 完了
・ST(F)-8300専用版:
ユーザー様への配布・製品への標準付属化 → 完了
・STT/STXL専用版:ユーザー様への配布・製品への標準付属化 → 完了
・ST-X専用版:
ユーザー様への配布・製品への標準付属化 → 完了

※完成次第、無償にてお届けをお約束のお客様につきましては、製品に同梱の
「ユーザー登録カード(ハガキ)」にて、同登録が必要となります。
現時点にて、お受け取りになられていないお客様は、弊社でのユーザー登録が
お済みでない可能性がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。



SBIG社純正/弊社特製「日本語版」ソフトウエア「CCDOPS」
の主要な機能の解説はこちらの各リンク先よりご覧頂けます!



SBIG社純正「最新英語版」CCDOPSのダウンロード解説はこちらより。




製品パッケージ内容

・CCDOPS Ver5.47J Build11J <日本語版ソフトウエア>
※インストーラーCD-ROM
・機能一覧取扱い説明書(上記用/日本語版)/プリント冊子:A4版-92ページ
※取扱い説明書冊子
・ファーストステップガイド(A4版-各15ページ/各CCD機種用のいずれか1冊
※プリント取扱い説明書


CCDOPSソフトウエア・動作環境

→ より詳細のソフト対応状況はこちらより ←

〜 対応OS(Windowソフトウエア) 〜

Windows98/Windows98SE/WindowsMe/WindowsNT(Ver4.0)/Windows2000/Windows2000・Pro
WindowsXP・Homeエディション/WindowsXP・Proffesionalエディション
Windows
Vista(32Bit版) ← ← ← SBIG Driver Checkerのプロパティにて「XP互換」で動作。

! 上記対応のOSでの動作保証については「プリインストールモデル」に限る。 !
※完全版のOSがメーカー側でインストールされているパソコン。アップグレード版のOSは動作保証対象外となります。


SBIG社純正「最新英語版」CCDOPSのダウンロード解説

Windows
Vista(64Bit版)・Windows7(32Bit/64Bit版共)については、下記で対応可能。
(※Windows8/8.1以降につきましては、現在未確認となっております。)

SBIG社Webページ内の「Current Software」ページより

CCDOPSソフトウエア(英語版/Ver5.53以降):
「CCDOps Version 5 for Windows」ダウンロード

同じく


DriverChecker64(32/64Bit共用ドライバー):
「Windows DriverChecker64」ダウンロード


上記2ソフトウエアを
ダウンロードの上、パソコンへインストール下さい。

 
〜 全対応CCDカメラ機種英語版ソフトに依存) 〜

シリアル接続機種
ST-4X
ST-5
ST-6
ST-6A
ST-6B
パラレル接続機種
-----
-----
-----
ST-7
ST-7E
ST-7ME
ST-7i
ST-7Ei
ST-7MEi
ST-8
ST-8E
ST-8ME
ST-8i
ST-8Ei
ST-8MEi
ST-9E
ST-9Ei
ST-10E
ST-10ME
ST-1001E
USB接続機種
ST-7XE
ST-7XME
ST-7XEi
ST-7XMEi
ST-8XE
ST-8XME
ST-8XEi
ST-8XMEi
ST-9XE
ST-9XEi
ST-10XE
ST-10XME
ST-10XEi
ST-10XMEi
ST-2000XM
ST-2000XCM
ST-2000XMi
ST-2000XCMi
ST-2000XMi-UV
ST-402ME
ST-1603ME
ST-3200ME
STL-1001E
STL-1301E
STL-1301LE
STL-4020M
STL-4020CM
STL-4021M
STL-4021CM
STL-6303E
STL-6303LE
STL-11000M
STL-11000CM
ST-4000XCM
ST-4000XM
STX-16803E STX-6303E ST-i(モノクロ)ST-i(カラー)
STF-8300(モノクロ) STF-8300C(カラー)

2012年7月現在「非対応機種」:ST-8300STF-8300ST-XSG-4ST-iの各シリーズ

「※」は日本国内にて実動作を確認(ソフトはVer5.47J・日本語版)した機種となります。
」は日本国内にて実動作を確認(ソフトはVer5.53E・英語版)した機種となります。
また、上記CCDカメラ機種の中にはソフトウエア内の一部機能をご利用頂けないものも含まれております。


〜 パソコン動作スペック(目安) 〜


ネットブック(もしくはそれに準ずるパソコン)につきましては、パソコン内部の電源の供給においてバス(特にUSBポートなど)側で省エネ効率を高めているケースが多くあり、このようなモデルのパソコンでの動作は、例え「USB2.0」規格のバスを搭載していましても保証対象外となります!

元来、SBIG社製のCCDカメラにおきましては、USBのポートの出力には十分な電源出力が必要で、より安定的な動作を実現する為には「DC5.0V程度」が理想的です。


CPU:ペンティアム「 I 」クラス以上のCPUで、クロック数は200MHz(0.2GHz)以上
HDD:
空き容量 100MB(0.1GB)以上(OSに依存)
メモリ:実装で 64MB以上
(OSに依存)
画像処理をパワフルに行なわれる場合は、処理に合わせてより高スペックをご選択下さい。
(より具体的なパソコンスペックにつきましては、画像処理ソフトのメーカーにお問い合わせ下さい。)

※CCDOPSはパソコンスペックの要求があまり高くない「コンパクトでパワフルな」ソフトウエアです。

当ソフトウエアのインストールにはインターネットの接続環境が必要となります!(ご確認下さい。)

〜 CCDOPSソフトウエア・機能一覧 〜

〜 対応フォーマット(ファイル) 〜
書き込み(保存):SBIG形式(圧縮・非圧縮)/FITS(16Bit/Win)/TIFF(8・16Bit/Win)
SBIG「RGB」形式/ASCII(テキスト)/Bitmap/JPEG/GIF
読み込み(開く):SBIG形式(圧縮・非圧縮)/SBIG「RGB」形式/FITS(16Bit)
TIFF(8Bit/Win・Mac共)/
ASCII(テキスト)※トラックリストの作成等専用

〜 カメラ制御関連コマンド 〜
通常撮像/フォーカス合わせ/自動撮影カラー合成用撮影自動コンポジット撮影(トラッカム)
自動評価自動撮影(プラネットマスター)TDI撮影カメラの詳細設定キャリブレート
Alt CCDOPS/ビニングモード/露出延滞機能/オートガイドセルフガイド(撮影+オートガイド)
AOセルフガイドAO-7制御/AO-8制御/AO-L制御/DSS-7制御/CFW-8910制御/FW-8制御 等々
デュアルCCDビュー(デュアルCCD機種限定)

〜 画像処理関連コマンド 〜
ヒストグラム表示/ラインプロファイル/ダーク減算/画像加算合成/フラットフィールド処理
メディアン画像合成/各種画像フィルター(スムージング・シャープネス)/コントラスト調整
DDP現像処理/クール・ホットピクセル除去処理カラム・ロウ欠陥補正処理ワンショット・カラー処理
画像反転・回転処理/画像(ピクセル)サイズ変更/各種ピクセル演算/背景レベルの傾斜補正
画像の平均化/ピクセルデータ回覧/トリミング/RGBカラー合成 等々
〜 その他 〜
撮影視野計算プログラム(FOV)サブCCD素子の切り替え/スライドショーの設定
望遠鏡操作(オートガイドケーブルの検査) 等々




それでは「CCDOPSVer5.47J・日本語版パッケージ」の詳細をお知らせしましょう!

ファーストステップガイドにはソフトのインストール方法の解説や
はじめてお使い頂くまでの手ほどきを詳しく解説しております。



インストール方法の詳細内容

ポイント1:初めての方も安心!

徹底したインストールマニュアル付き!

左記写真はユーザーインターフェースにとことん徹底した「分かり易い」インストール専用のマニュアル(ファーストステップガイドのセクション1)です。

このセクションでは「ソフトウエアのインストールの内容解説」編より、実際に皆様が行なって頂くインストール作業をパソコン上の画面をキャプチャー(取込み画面写真を表示)し、その都度の画面作業における操作手順等を詳しく解説致しております。



自動作成された「ショートカット」アイコンの様子

ポイント2:インストールを確認!

持ち出しの前に接続チェックをサポート!

次のセクション2では上記インストール後の「ドライバーチェッカーのインストール」と名を打って実際の撮影までに一度、お手元のCCDカメラと上記をインストールしたパソコンとの通信確立(USB機器としての認識)までのプロセスを詳細にお知らせ致します。これで「インストールが成功したはずなのに...どうして認識しないの?」というような現場での手痛い失敗はなくなります。



写真は「ST-XE用」/各カメラ用にご用意がございます



写真は「ST-L用」/各カメラ用にご用意がございます




「ソフト機能一覧解説」より一部抜粋




「ソフト機能一覧解説」より一部抜粋

ポイント:3
CCDOPSは「制御ソフト」では留まりません
数々のパワフルな「画像処理」も標準付属です!


ソフトウエア機能一覧取り説にはソフトのインストール方法の解説や
はじめてお使い頂くまでの手ほどきを詳しく解説しております。



「ソフト機能一覧解説」より一部抜粋

ポイント:4
日本語ソフト専用の解説だからより簡単
ソフトの隅から隅までお使い下さい!

左記は、ソフトに付属の「機能一覧取扱い説明書」の一部内容です。

このように、当取り説では皆様が実際にお使いになられる「CCDOPSソフトウエア」の内容に添う形で、ページ内容を収録致しており、実際にソフトウエアを起動して頂きながら、その画面の反応に合わせて解説をお読み頂けるよう工夫を致しております。

詳細の内容は左記の通りで、各コマンドのパラメーターの詳細解説からそのコマンドのダイアログ画面までを一様に掲載致しておりますので、「CCDOPSソフトウエア」に多数収録されている各コマンドの詳細を分かりやすく把握して頂けるものと思います。
これで、実に多機能でありながら、シンプルにまとめあけられている優秀なCCDOPSソフトウエアを隅々までお使い頂けるよう祈願いたしております。


 主な機能(一部)

・撮像コマンド:通常(スナップ)自動(連写) ・フォーカス(ピント合わせ)コマンド
・望遠鏡の詳細設定 カメラの詳細設定(温度やFANのON/OFF、解像度等)
トラッカム撮影(自動コンポジット撮影) プラネットマスター(自動評価保存撮影)
TDI撮影(ドリフトスキャン撮影) 3色カラー撮影(自動フィルタリング保存撮影)
オートガイドコマンド セルフガイド撮影(ガイド+撮影同時進行)
AOセルフガイド撮影(AOガイド+AO撮影同時進行) Alt CCDOPS(ソフトを2本同時起動/ガイド&撮影)
・電動(CFW)フィルターホイール制御コマンド リレー接続/ケーブル検査コマンド
写角計算コマンド(FOV) ・赤道儀性能評価コマンド
・DSS-7制御コマンド全般 ・AO制御コマンド全般
・各種「画像処理フィルター」等 ※詳細は下記 ・スライドショーの作成/再生 等々
 他、多数収録済み 



ユーティリティーメニュー
このメニューには数々の「画像処理」が満載です!



「ソフト機能一覧解説」より一部抜粋

ポイント:
CCDOPSは「制御ソフト」では留まりません
数々のパワフルな「画像処理」も標準付属です!

皆様からよく頂くご質問として、「SBIG社製CCDカメラ専用のカメラ用制御ソフトウエアのCCDOPSはカメラの制御しかできないですか?」と。
答えは「No」です!
左記は、その片鱗の一部です。このCCDOPSソフトウエアでは、その本分といえる「カメラの制御」は何より当たり前にこなしながらも、その取得された「画像」を収録されるパワフルな数々の画像処理を利用して自由にあなたのお好みに「カスタマイズ」可能。当ソフトで撮像、表示された画像をその場で処理。満足のいかない結果であれば、その場で更にもう一枚撮像。現場で「その場で」皆様が納得のいくまで徹底的に撮像結果をご覧頂け、当ソフトウエアならそれらが全て「一つのソフトウエア」で行えるのです!もうタスクバーでその都度のソフトの切り替えが不要なのです。CCDOPSソフトウエアは日本国内はもとより、世界中で愛される「オールインワン」ソフトウエアの代表選手なのです!
更にこれらの機能の全てが「日本語・言語」の範囲でお使い頂ける点も見逃せない大きなポイントですね!


表示は「バイリンガル」
各コマンドを日本語英語でそれぞれ表示してあります。



「ソフト機能一覧解説」のコマンドリファレンスの詳細

ポイント:
英語版ソフトウエアにも対応
2カ国言語表示のコマンドリファレンス!

コマンドリファレンスとは、、、いわゆる「ソフトが有する各種コマンド名とその詳細のパラメータの目次表示」を記した簡易解説資料と言えます。

このコマンドリファレンスの主なご利用方法として、Ver5.47J日本語版ソフトが収録する機能の一覧表としてご覧頂くと共に、実際の撮影前等に実際にCCDカメラを接続することなく、各種コマンドの位置関係(体系)を事前に把握するためにも有効です。

また、このリファレンスは、「日本語」及び「英語」の二カ国言語での表示体系を有しており、このリファレンスさえ手元にあれば、仮に英語版のソフトウエアをご利用になられる際にも表示される英語名コマンドを的確に日本語解説を元に機能・パラメータを十分理解した上でお使い頂けるものと思います。



鍛えあげられた証し。「Build_11J」エンブレム。

ポイント:より精錬された「Build_11J」!
最新リリース版である証しのエンブレムです!

左記は「Build 11J」のエンブレムの様子。

同じ日本語版ソフトであっても、このエンブレムが刻印されているCD-ROMなら、内容の一部を最新状態にアップグレードして再リリースを行なったとの証しとなり、例え同じバージョンのソフトウエアであっても、そのソフトの完成度が大きく上がっております。

主には「同バージョンの英語版」より報告がなされた数点のバグ、及び表記等の一部を効果的に修正。また、ユーザー様のデータベースの登録エンジンを日本語国内にて独自に構築。よりパワフルなユーザー情報を登録可能と致しました。
「日本語版・CCDOPS」とは、ただ単純に「英語ソフトの和訳版」では有りません。豊富な経験値と高いソフト開発能力とが合わさってはじめて形成される完成度の高いソフトウエアです。



さて、如何でございましょうか? 
「CCDOPS・ソフトウエア」とは、このように「ユーザー様のご利用実情」を第一に考慮した結果
「オールインワンソフト」に身を固めた紛れもない「世界水準」の優秀なソフトウエアです。

弊社では、そのソフトの日本語化に十数年前より勤めさせて頂いてきており、この「Ver5.47J Build 11J」で8代目の優等生です。


ご注文の方法等の詳細は以下の通りです!


当ソフトウエアは「正規流通製品のカメラ」をご利用のユーザー様限定の販売となります!
つきまして、製品のご注文の際は、必ず以下の情報をお知らせ下さいます様、よろしくお願い致します。
皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

CCDカメラの機種名
CCDカメラのシリアル番号
※弊社データベース内にて「正規輸入製品」として確認後「正規ユーザー様特価」にてご案内申し上げます。


品番 製品名称 単品販売特価
CCD547J
(BN547J)
オリジナル CCDOPS Ver5.47J for WinXP・Vista(日本語版) 正規ユーザー様特価!
税込み
¥25,800-
(一般¥138,000-)

また、当ソフトウエアにつきましては、昨年春期から各モデルの新品製品に標準付属化(¥0-)を行なわせて頂いているものと同様の内容パッケージとなっております。




以上、よろしくご検討下さいませ。
ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
(当ページの内容は予告なく変更となる場合がございます。)



SBIG社製品日本輸入総代理店
SBIGJapan




HOME    お問い合わせ(メール)    ご注文(html)